2006年 ウールのセータに描いた座布団猫柄


純金や純銀の粉末使用


前のページへ戻る



座布団に潜り込むのが大好きな大豆君を伝統工芸技法で描いたセーター




ねこ柄セーター

柄はハガキ2枚半ほど

純金や純銀のほか黒の顔料を使用し
ウールのセーターに描いてみました。
Tシャツと違い織が荒いので描き難く
細かな柄には不向きな素材だと感じました。






手工芸で柄付け 耳のアップ画像




虫眼鏡をマウスで動かし、部分を拡大してご覧頂けます。




京都和装の伝統工芸職人【宮督】